アナ雪で英語学習


先週末の休みに、先日のブログで、外国のドラマや映画を使い、ListeningとSpeakingの
練習を始めようと宣言したのを実践する為、さっそく寮の近くにあるDVD屋さんに
訪れてみました。
店内には、海賊版DVDらしきものがずらりと並んでおり、アニメからドラマ、韓国のドラマまで
幅広いジャンルのものが取り揃えられていました。この前、日本で公開されたばかりのAnieeや
まだ、公開されていないアナと雪の女王の続編などまで売られていました…
値段を聞くと、1枚30ペソ。日本円で約90円!!!
めちゃくちゃ安いです!!!!!(笑)
あまりに安すぎて、何本買うか迷ったのですが、1本のDVDを繰り返し見た方が、英語の学習には
効率がいいのではと考え、とりあえず1つだけ購入することに…

アニメの映画は子供でも分かりやすいようなシンプルな言い回しが多く、
その中でも、ディズニー映画は、わかりやすい簡単な英語が使われています。
短く、繰り返されるセリフが多いのがディズニー映画。
だから、とても伝わりやすい英語を学べるというのが特徴的です。
ディズニー映画は、とてもシンプルで「伝わり易い」ということに注力して作られているというのを
Googleで知った私は、たくさんあるDVDの中から「アナと雪の女王」を購入することにしました。
ディズニーの作品の中で1番最近見ている映画で、
ストーリーも覚えていたので、見やすいのではと考えたからです。

購入してからまだ、2回しか鑑賞していないのですが、使えそうだと思ったフレーズをいくつか見つけたので
あげてみたいと思います。

◎I wish it could be like this all the time.
いつもこうしていたい
◎She didn’t mean it.
そんなつもりじゃなかった
◎Hang in there, Joan
 がんばれジャンヌ

日常生活でも使えそう!?今度使える機会があれば使ってみたいと思います(*^^*)

映画や音楽は英語に馴染む練習だったり、リスニングや日常的に使われている
英語の表現を確認するのにもってこいの教材だと思います。
何より楽しみながらできるというのが一番のメリットではないでしょうか。
『教材』と捉えてしまうのはあまり良くないかもしれませんが、英語の勉強の息抜き
として、気軽に見てみてはどうでしょうか?