英語の発音と音節の関係とは!?


最近、pronunciationの授業でSyllable reading(=音節読み)

の授業をやっています。

この授業は、音節ごとに区切り、文章での抑揚を意識しながら、リズムよく

話すというものです。

私たち日本人は、日本語をしゃべる際に、音の長短や強弱で

アクセントを区別することがないため、それらを意識することが難しいそうです。

私も、いつも英語をしゃべるときに平坦な口調でカタカナ語

で単語を読み、喋ってしまいます。このカタカナ語でしゃべってしまうという

原因の一つとして「音節」が挙げられるそうです。

なので、この授業はものすごく苦労しています(笑)

まず、【音節とは何か】ですが、

広辞苑には、音節は「まとまりに発音される最小の単位。

ふつう、核となる母音があり、その前後に子音を伴う」と定義されています。

つまり基本的に音節は母音ごとに区切られる。

子音ー母音ー子音=音節

ということです。

日本語は1文字=1音節の言語ですので、文字数=音節数となります。

また、「ん」以外の言葉は【母音+子音】で構成されています。

一方、英語には母音の前後に子音がついたり声に出さない音

など色々な構成があります。

このため、一目で音節数がわかる日本語と違って、英語は

文字数と音節数は一致しません。

そのため日本人に難しいといわれているようなのですが

この音節さえ分けれるようになれば、リズムよく、より聞き取りやすいそうです。

英語に慣れるまで時間はかかるかも知れませんが

頑張っていきたいです!