Category: 英語

by 英語の伝道師

今回は、「let」「make」「have」の3つの「~させる」という意味をもつ使役動詞の違いについてまとめていきたいと思います。

letの使役動詞
=========
「let」を使って使役を表すことができます。この使役とは「(人)に~をさせる」という意味のことをいいます。
 型は<let+目的語+原形不定詞(動詞の原形)>で、「let」の後に目的語(この場合は普通「人」をおきます。)を続けてから、原形不定詞(変化させない動詞の形)を続けます。これで「(目的語)に(原形不定詞)をさせる」という意味になります。「let」には「本人の希望に応じて」や、「許して」という意味があります。

My father let me drive his car.
私の父が車を運転させてくれた。

というように、「let」には「本人の希望に応じて」や、「許して」という意味があります。

makeの使役動詞
==========
「make」も使役を表すために使うことができます。型は「let」と同じように考えることができます。
、「make」には「本人の意思には関係なく」や、「強制的に」という意味があります。

The news made me happy.
そのニュースは私を楽しくさせました。

また、「make」は「let」は、と異なり受動態にすることができます。

Her sister was made to clean the room by her.
彼女の妹は彼女によって部屋の掃除をさせられました。

haveの使役動詞
==========
「have」は、使役を表すために使うことができます。
「have」の後には目的語が続きます。その目的語の後には、動詞の原形(原形不定詞)を置きます。「have」の使役にも、「make」と同様に強制の意味があります。「make」よりは弱い強制ですが、普通は目上の人が目下の人に使います。

 I had a suit made.
私はスーツを作ってもらいました。

また、「have」は、「過去分詞」を使う型のままで、「~をされた」というように「被害」の意味を表すこともできます。
I had my car stolen.
私は車を盗まれました。

同じ使役動詞でも使い方や意味が異なる3つの使役動詞をうまく使い分けると英語上達へ一歩前進できるかもしれませんね♪


Posted in 英語

by 英語の伝道師

クオリティ高すぎ!!You Tubeの動画で英会話の勉強

You Tubeといえば、言わずとも知れた有名な動画サイトですね♪
無料でいろいろな動画を見ることができるため、私もよく音楽のPVを見たり、ドラマを見たりします!
そんなYouTube上には様々な英語学習動画があり、英会話教室と変わらないんじゃないかぐらい
クオリティの高い動画から、楽しみながら、気軽に見れるものまでさまざまなものがあります。
そこで今回は、そんなYou Tubeの中でもおすすめの動画をいくつか紹介したいと思います(*^_^*)

REINY先生の英会話 https://www.youtube.com/watch?v=HYZvpfjOir0
===================
REINY先生という美人な先生が留学で使える英会話をテーマに日常英会話を
1本5分ほどで学んで行く事が出来ます。先生自身の経験をもとに海外で本当に使える英会話を楽しく学べます♪
字幕が出るところもおすすめポイントです!

バイリンガール英会話 https://www.youtube.com/watch?v=IOHTbJd3rGM
=====================
シアトル育ちの帰国子女Chikaさんの英会話動画。人気のチャンネルでチャンネル登録数は40万件を超えています!!
Chikaさんが旅行に行ったり、踊ったり、変装したりしながら英会話を学べるので楽しみながら観ることができます。
たまに出てくる字幕のつっこみも面白いです(^o^)日本語も交えながらの動画なので、英語が苦手な方でも気軽に観ることができます♪
ちなみに私もこのチャンネル大好きでお気に入り登録をし、暇なときに見ていますw

Sozo Exchange https://www.youtube.com/channel/UCL5E5b5Ig88hVA8paYNcYLg
====================
こちらは、発音の動画。単語の発音の違いや意味の違いをアメリカ英語で教えてくれます♪
口もとをアップにしている動画もある為、発音をする際の唇や舌の使い方などが丁寧に学べます。
また、動画の最後には聞き分けのテストをしてくれる為、発音を勉強したい人には、とてもおすすめのサイトです。

コペル英会話 https://www.youtube.com/channel/UCuC-nZ73zoq4JQt1KmgAotA
====================
コペル英会話教室(http://coper.biz/)のイムラン先生のチャンネル。
「英語英会話一日一言」シリーズ(毎回1?3分)では、英語のただ単の意味だけではなく、
細かいニュアンス、発音、リスニングのコツ、応用方法などを日本語でしっかりと教えてくれ、初心者にもわかりやすい動画になっています.

英語のリスニング力が上がる!普段使いの英会話 Listn.me

=======================================================
Listn は、日常的に使われる英語をまず「聴く」ことに慣れてもらうための
チャンネル。帰国子女やネイティブが自然に話しているリアルな英語から教科書的なわかりやすい英語まで、
様々な英語を身近に楽しみながら聴くことができます(^o^)

Micaela ミカエラ https://www.youtube.com/user/Ciaela
======================
福岡在住のカナダ人・ミカエラさんが日本で体験したこと、面白いことなど日常生活を紹介している動画。
美人な女の子を見ながら英語学習が出来る!
男の子はこの動画必見だと思います!!
日本語の字幕もついているため、気軽に見ることができます(^_^)
発音もとても綺麗で聞きやすいです。

キックスタート英語勉強 English Kickstart https://www.youtube.com/user/EnglishKickstart
========================================
日本語も話せるJasonさんが、日本語も交えながらイディオムや発音、ワンポイントレッスンなどを紹介してくれます。
日本人がつまずきやすい英語のポイントを分かりやすく説明(^_^)
字幕は付いていませんが、早口な英語ではないので気軽に観れるでしょう。

YouTube上で無料でこれだけのコンテンツが楽しめるので、利用しないのはもったいないものばかりです。
参考書やリスニング教材も良いですが、たまにはこういう動画を見て勉強するのもいいかもしれませんね(^o^)


Posted in 英語

by 英語の伝道師

マクドナルドなどのファーストフード店。気軽に入れるし、利用することもあるのではないでしょうか。
でも、海外のファーストフード店でオーダーするって単品とかセットとかテイクアウトかイートインか…
たくさん話さなくちゃいけないし、意外と緊張しますよね。メニューをじっくり読む暇もないし、
店員さんも早口。たかがファーストフード、されどファーストフード、今回は、ファーストフード店で使える英会話を覚えましょう!

A.いらっしゃいませ
Hello

A.ご注文をどうぞ。/ご注文は、お決まりですか?
What would you like to have?/May I take your order?

B.チーズバーガーをお願いします。
I’ll have a cheese burger.

A.単品ですか?それともコンボですか?
Just one burger or a combo?

B.コンボでお願いします。/いえ、単品でお願いします。
Combo,please./No, just one burger please.

A.飲み物は何になさいますか?
What would you like to drink?

B.コーヒーをお願いします。
coffee,please.

A.ショート、トール、グランデの3サイズございますが、どれになさいますか?
We have 3 sizes, Short, Tall and Grande.
Which size would you like?

B.トールを下さい。
Tall one please.

A.コーヒーにお砂糖、ミルクはご利用ですか?
Do you need sugar and milk?

A.フレンチフライはいかがいたしますか
How about French fries?

B.お願いします。
Yes, please.

A.ハンバーガー1つとポテトのSを1つ。以上でよろしいでしょうか。
One hamburger and one small French Fry Anything else?

B.はい、それで全部です。
That’s all.

A.お召し上がりそれともお持帰りですか?
For here or to go?

B.ここで食べます。
For here, please.

A.全部で_____ドルになります
Your total comes to $_____, please

「To go」お持ち帰りをする、というときにこの表現が使われます。日本でよく使うテイクアウトという
言葉は間違いではないのですが、注文のときに使われることはありません。

あと、飲み物を注文するときにコーヒーを注文したら、コーラが出てきた。
そんな経験はありませんか?原因の多くはイントネーションにあるようで、
日本語のアクセントで「コーヒー」と言うと、「コーク」と聞き間違えるようです。また、アメリカではコーラを頼むお客さんが多いことも一因のようです
。対策としては、”Coffee”の発音を「カフィー」のように、アクセントを最初に持ってくることと、
“Hot Coffee,” Ice Coffee”のように、指定してしまうことが有効です。
暖かいコーラを頼む人は、いないですもんねww

ファーストフード店に行った際には、ぜひ使ってみてください(*^_^*)


Posted in 英語

by 英語の伝道師

どこかで待ち合わせをした時などに遅れてしまった時などに誤りたいけど
英語でなんて言えばいいの!?
今日は、その状況に応じた英語での謝罪の仕方を勉強していきたいと思います。

遅れた時のお詫び表現
——————————————————-
遅れてごめん。
Sorry, I’m late.

遅れてごめんなさい。
I’m sorry I’m late.

遅れてすみません。
I’m sorry to be late.

遅れて来てすいません。
I’m sorry for being come late

待たせた時の表現
——————————————————-
お待たせしました。
Thank you for waiting.
*「待っていてくれてありがとう」という表現を
感謝的な気持ちをあらわすとき

待たせた時の謝罪表現
——————————————————–
お待たせしました。
(I’m) sorry to kept you waiting.

お待たせして申し訳ありませんでした。(フォーマル)
(I’m) sorry to have kept you waiting.

お待たせして大変申し訳ありませんでした。(フォーマル)
(I’m) terribly sorry to have kept you waiting.

自分がまだ忙しくて、相手を引き続き待たせるような状況の時
——————————————————–
お待たせしています。(もう少々お待ちください。)
(I’m) Sorry to keep you waiting.

その時の状況によって言い方も様々あります!その場面場面に応じて、
使い分けができるように覚えていきたいです♪


Posted in 英語

by 英語の伝道師

語学学校の授業の初めにまず行われるのが、自己紹介。
今日は、その自己紹介の時に使える鉄板フレーズを紹介していきたいと思います。

1.私の名前は______です。
My name is______.

2.私のことは______と呼んでください。
Please call me______.

3.私は______才です。
I’m ______ years old .

4.私は______大学の3年生です。
I’m a third year student at ______ university.

5.私は___を専攻しています。
I’m majoring in ____.

6.大学を半年休学して、アメリカに英語を勉強しにきました。
I took a leave of absence from my university for ___ year, and then came to the ____ to study English.

7.私______に住んでいます。
I live in_______.

8.私は______人家族です。
There are ______in my family.

9.私は____(兄弟)がいます。
I have ____.

10.私は______が好きです。
I like ______.

11.私は______を飼っています。
I have a ______.

12.私の夢は将来______になることです。
My dream is to become________in the future.

13.皆さんと一緒に英語の勉強をするのがとても楽しみです。
I’m looking forward to learning English together with you.

[学部]
Literature 文学
Law          法学
Economics 経済
Business administration 経営
Theology 文化人類
Psychology 心理学
Education 教育
Psychology 心理学
Computer science コンピューター
Electronics 電子工学
Medicine 医学

[学年]
Freshman 1年生
Sophomore 2年生
Junior 3年生
Senior 4年生

これらのフレーズを自分でカスタマイズして自己紹介できると登校日から安心ですね♪


Posted in 英語

by 英語の伝道師

日常会話で、「いいなぁ、うらやましい」と言う表現、よく使いますよね!

辞書で「うらやましい」という言葉は「envy」という単語をよく目にします。学校でも
I envy you.
と習った人が多いと思います。この「envy」には「人が持っているものを欲しがる、うらやむ」
と言う意味が強いときに使われるので、あまり使わないそうです。

日常会話で、友人や家族間で嬉しい事があったり、嬉しいニュースを聞いたりした場合に使う時は
I’m jealous
が最も一般的で自然は言い方のようです。
「Jealous」=「嫉妬深い・焼きもち・妬ましい」など、辞書ではネガティブな表現で解説されることが多いかと思います。
しかし、日常会話での
I’m jealous
にはネガティブな意味合いはなく、ポジティブな意味を持ちます。

例えば、
You are going to England this summer?
(この夏にイギリスに行くの?)
I’m so jealous.
(いいな。うらやましいわ。)
というようなイメージです。

似た表現としては、
You’re so lucky
というのがあります。これは、宝くじで何か当たった時などに
(うわーラッキーだね♪うらやましいよ)
というような意味合いで使われます。

また、
That’s great!にも、
(いいね~!よかったじゃん)
というようなニュアンスが含まれており、
軽いノリで使うときなどに使うことができます。

日本語ではちょっとした「いいなー!」という感情の時にも「うらやましい!」をよく使いますが
、「I envy you」 は相手が持っているものや状況を本当に妬むような時に使うので、
軽く「いいね!よかったね!」というニュアンスでは 「I’m so jealous」 や
「You’re so lucky」「That’s great!」 というフレーズの方が自然に聞こえるかもしれませんね♪


Posted in 英語

by 英語の伝道師

語学学校へ行き、授業を受けていると、先生の言っていることがわからない、
そして、分からないまま授業が進んでしまうということはないでしょうか?
しかし、それでは英語を上達することはなかなか難しいと思います。
今日は、そんなときにちゃんと理解しながら授業を進める。
そんなフレーズを紹介していきたいと思います。

Could you please speak a little more slowly?
少しゆっくり話していただけますか?

If I said the wrong sentence, please correct it anytime.
もし私の言っていることが間違っていたら、直してください。

May I ask a question?
質問してもいいですか?

How do you spell it?
どういうスペルですか?

How do you pronounce this word?
この単語はどう発音しますか

Could you explain it again?
もう一度説明してもらえませんか?

Please explain it more simply.
もっと簡単に説明してください。

Could you say that again?
もう一度言ってくれませんか?

Could you speak more slowly?
もっとゆっくり話してもらえますか?

What does “○○“mean?
”○○”はどういう意味ですか?

Is it correct?
これは正しいですか?

Can you make a sentence for me[to use this word]?
例文を教えてください

Could you give me a hint?
何かヒントをいただけますか?

上記にあるようなフレーズを覚えておくと授業での理解もより深まり、英語上達への近道となるのではないでしょうか♪


Posted in 英語

by 英語の伝道師

先日は、病院での診察の際に使う英会話を紹介しました。

今日は病院に行った際に、自分の状況を伝えるための
言葉を紹介していきたいと思います!

『どこが痛むか』
Do you have any pain?
headache / stomachache:頭痛
abdominal pain : 腹痛
fever:熱
chill:寒気
sore throat:喉の痛み
cough:咳
runny nose :鼻水
stuffy nose :鼻づまり
heartburn:胸やけ
nausea:悪心
vomiting:嘔吐
diarrhea:下痢
constipation:便秘
dizziness:めまい
tiredness:だるさ  
trouble with sleep:不眠
poor appetite:食欲不振
joint pain:関節痛
itching:痒み

『どんな風に痛いかと聞かれた際の対応』
 severe pain:激痛
  ※severeは、severe headache(酷い頭痛)などにも使われます。

 acute pain:急性の痛み

 cramping pain:うずくような痛み
  ※crampは生理痛などを表現する時に使われることもあります。

 dull pain:鈍痛
 throbbing pain:ずきずきする
 pounding pain:打つような痛み(頭痛を使う際に用いる)
  ※poundingには鼓動という意味もあって、一定の痛みより、打ち付けるような痛みの表現に近いと思います。

 tension:突っ張り感

『痛みの強弱を示すとき症状の重度を現す単語』
 Mild:マイルドな、弱い small
 Moderate:中間(激しくもないけど、弱くもない)

これらの言葉を覚えて、自分の症状をうまく伝えられると大変便利だと思います。

ついでに、私が入院してる時に、よく聞いたフレーズも紹介しておきます(笑)

*おはようございます。昨夜はよく眠れましたか。
Good morning. Did you sleep well last night?

*下痢や便秘はしていますか?
Do you have diarrhea or constipation?

*朝食は食べられましたか。
Have you had breakfast?

*血圧、体温、脈拍を計ります。
I’ll measure your blood pressure, temperature and pulse.

*多少痛みますが我慢してください
It will hurt a little. 

*尿をこのコップに1/3くらいとってください。
Please fill about a third of this cup with urine.

*何かあったら、ナースコールで呼んでください。
Please use the nurse call if you have any trouble.

病院に行くとドクターにどのような状況か伝えることが必要になります。
渡航先では、元気に過ごせることが一番だとは思いますが、万が一という時に備えて
病院で使われるフレーズを覚えておくといざという時に便利かもしれませんね♪


Posted in 英語

by 英語の伝道師

普段住み慣れていない国に行くと、体調を崩すということがおこるかもしれません。
現在、私が留学をしているフィリピンでも日本と違う生活環境や、衛生面から、
おなかを壊したり、熱が急に出たりしたというのをよく耳にします。
私も実際、先日おなかを壊し、病院に入院をしてしまうという経験をしました。
私の場合、スタッフさんが付き添ってくれたので、症状を上手く伝えれたのですが
ちょっとした聞き違い、思い違いで大事に至るかもしれない病院での会話。
もし、体調を壊した際に、適切に自分の症状を英語で言い表せるというのは、
非常に重要になってきます。そこで本日は、私が、病院に行ってから実際に聞かれたフレーズを紹介していきたいと思います。

○What seems to be the trouble today?
今日はどうしたんですか?

○Will you be able to wait a little longer?
我慢できますか。

○When did it start?
いつから症状があるのですか?
  今朝 this morning
  一週間以上前 more than a week ago
  昨夜 last night
   一ヶ月前 a month ago
  ○日前 ○ day(s) ago
  一ヶ月以上前 more than a month ago
  一週間前 a week ago
  日本に来る前から before coming to Japan

○Did you eat something unusual?
何か変わったものを食べましたか?

○Do you have diarrhea or constipation?
下痢や便秘はしていますか?

○Did you take any medicine?
薬は飲みましたか?

○What kind of medicine did you take?
何の薬を飲みましたか

○Do you have any allergies?
アレルギーはありますか?

○Do you smoke?
タバコは吸いますか?

○Do you drink any liquor?
お酒は飲みますか?

○Do you have your health insurance card?
健康保険証はお持ちでしょうか?

○The doctor will be with you in a few minutes
先生がすぐに参りますので。

○Please tell us if you feel sick while you are waiting.
待っている間に、気分が悪くなったらすぐ申し出て下さい。

○Could you move to this room, please?
こちらの部屋に移動してください。

病院についてから問診はこのような流れでした。

このような流れを頭に入れておけばもし、病院に行かなくては行けなくなった際も
安心ですね♪
明日は、自分の症状を伝える為のフレーズを紹介していきたいと思います♪


Posted in 英語

by 英語の伝道師

英語の上達を伸ばす!心構えとは…

留学したら英語がペラペラに上達!と思っていたのに、
実際はある程度の聞き取りはできるけど、会話のほとんどが「イエスorノー」で済んでしまう・・・
留学中、学校もサボらずに通っているのに…
英語を上達するためには、ただ授業を受けて与えられたことをやるだけではなく、
予習、復習をキチンとし、自ら英語を学ぼうとする姿勢、そして、自分に合った勉強法を見つけ有効な時間の使い方をすることが大切です。

 留学中英語を上達させるための心構えをご紹介します!

◎明確な目標設定をする
 「何を目標に勉強するか?」という目標設定は、留学の時にこそ重要になります。「留学したら何とかなるだろう」という
受け身の勉強姿勢でぼーっと学校に通っているなんて、せっかく留学したのにもったいないです。
 「今日は~を目標にする」という明確な目標を決めてみてはどうでしょうか。また、目標を決める際には出来るだけ詳細に、
毎日・毎週の達成計画や目標があると、今自分がどれだけ達成できているかが見えて、軌道修正や改善もしやすいようです.

◎積極性
 学びの材料はいたるところにころがっています。現地の人々がつかうフレーズに耳を傾け、真似をしてみましょう。せっかくの留学の機会です。
恥ずかしがったり、言い間違いを恐れるといった気持ちを捨てましょう!英語漬けの環境にいるのですから、その環境を有効に活用することは
上達への近道ではないでしょうか。

◎復習を大切に。。
 授業中、もしくは出かけた際に、しゃべりたいフレーズが出てこない。そんな経験は、ないでしょうか??
そのときに、そのまま放置したままにするのではなく、出てこなかったフレーズを
メモしておき、後で英語でなんと言うのかを調べる。そして、そのフレーズを使ってみる。
そうすることで、もやもや感も消え去り、また、そのフレーズがしっかり自分の頭の中にインプットされるのではないでしょうか?

日本に帰った時に留学してよかったと思えるように、有意義な留学生活を送りましょう(^o^)


Posted in 英語