Category: 英語

by 英語の伝道師

こんにちは(^O^)/ 皆さんアクティビティという言葉をご存じですか?
一般的には「活動」や「行動」という意味で、他にも「旅行先での遊び」や「活気」といった意味もあるんだそうです。IT用語としてもFacebookやTwitterをはじめとするSNSでユーザーの最近の活動状況を表す言葉として用いられることが多くなっていて、耳なじみのある方もいらっしゃると思います。

私の通う語学学校でもたくさんのアクティビティが行われており、ちょうど今週の土曜日のアクティビティに参加する予定です!アイランドホッピングに行くとのこと!(楽しみ!)
そこで今回は海やレジャーで使える英会話をご紹介します!私も頑張ってどんどん使ってみようと思います。

■友達を誘うとき
shall we go …?  …に行こうか?
let’s go to …  …に行きましょう!
(例)
shall we go swimming?
泳ぎに行きませんか?
shall we go for a walk?
散歩に行きませんか?

「~しに行く」の例
go skiing(スキーに行く)
go for a drive(ドライブに行く)
go on a picnic(ピクニックに行く)
などなど…

■したいことを伝えるとき
I’d like to have…  …が欲しいのですが
I’d like to go to…  …へ行きたいのですが

I’d like to~は「~したいです」
I’d love to~は「すごく~したいです」
「love」ってなんかかわいい言葉ですよね。

■写真を撮るとき
excuse me, could you take a photo for me?
すみませんが、写真を撮っていただけますか?

Could you take my picture?
写真を撮ってもらえますか?

これでもOKです。

綺麗な人やかっこいい人がいたら
Could you take picture with me?
といって一緒に写っても思い出になりますよね!

他にもいろいろ…

May I take a picture here?
ここで写真を撮ってもいいですか?

Shall I take a picture for you?
あなたの写真を撮りましょうか?

May I take a picture of you?
あなたの写真を撮ってもいいですか?

■景色を見て一言
it’s a beautiful view.
美しい眺めですね

What a beautiful view!
なんて美しい眺め!

What a beautiful place!
なんて美しい場所!

ちなみに皆さんは「浮き輪」って英語でなんて言いますか?
swimming ring
Inner tube
air bladder
とか様々あって困りますよね。
先日先生にfloatって言ったらそれはおかしいと言われました(*_*)
浮き板や小さい船みたいなものをイメージしちゃうらしい…
うーーーーん。

知っていてもとっさに口をついてはなかなか出ないものですよね。
頑張って覚えて、こういう機会にどんどん繰り返し使っちゃいましょう!

Let’s study English!


Posted in 英語

by 英語の伝道師

こんにちは(*^_^*)
みなさんご存知のように英会話レッスンの形態には大きく分けてグループレッスンとマンツーマンレッスンがありますよね。
グループレッスンと一口に言っても8~10人のような多人数制から、2~4人といった少人数制まで実に様々です。

例えば日本では価格も安く、初心者でも始めやすいため、
多くの英会話学校がグループレッスンを主力に行っているようです。

しかし、ここ数年でプライベートレッスン(マンツーマンレッスン)を提供する英会話学校も増え、ITインフラ拡大により、スカイプレッスンも当たり前のように行われるようになりました。

私は日本の英会話学校数社と小規模英語塾、海外の語学学校などでグループレッスンとマンツーマンレッスンいずれも経験があります。
そこで今回は個人的な見解と体験談を述べさせていただこうと思います。

グループレッスンは同じレベル同志の仲間たちと一人の先生からの質問や問題に答えていく形がとられますが1人当たりの話す機会は圧倒的に減ってしまいます。

例えば、他の人に頼って、英語での返答を任せてしまったり
人数が多くなればなるほど、どうしても1人当たりの発言回数が少なくなったり、
皆に申し訳ないと感じて、よく意味を理解していないのに周囲に合わせて納得したふりをしてみたり・・・

ワイワイと楽しく授業が進むのでモチベーションは上がるかもしれませんが、実はあまり身についていなかったりします。
グループレッスンで英会話力をアップさせるには各個人のプライベートでの過ごし方によるところがかなり大きいのではないでしょうか。
わざわざ費用を割いてグループレッスンに通うのならばやはりいかに予習・復習をして授業に臨むか?にかかっています!!!

実をいうと私もレッスンのある日だけ頑張って、他の日はまったく勉強しない・・・というダメダメ生徒でした。
学校に通いはじめると、自分がしゃべれるような錯覚に陥るんですよね・・・(反省)
しゃべるより聞いている時間が長いのでヒヤリング力は鍛えられると思いますが・・・orz

————
それに比べてマンツーマンレッスンだと、先生と1対1ですから、常に頭はフル回転です。
話す時間がたっぷりあります。
ただ、レッスン始めはどうしてもフリートーキングになりがちです。
最近どこか行った?誰かと会った?面白いことあった?などなど・・・
先生に文化の違いなどを教えてもらったり、分からないことを質問する機会でもあるので、
どんどんと時間が過ぎていきます。
(余談ですがテキストを使った本来のレッスンが開始するころには終了時間が近づいていたりします。OMG!)

スカイプレッスンだと25分~40分程度、学校に通うと40分~50分など、提供されているレッスン時間もさまざま存在するのですが、脳が疲れたと感じるだけの時間では足らないと思っています。※ここを超えると俗にいう英語脳になっていくんです!(当社比)
マラソンみたいなもので、どんどん距離を伸ばしてみたくなります。
前述したフリートーキングの件もあるので、短い時間で終わってしまうと、出来れば50分は欲しいな・・・2コマ欲しいな・・・と欲がでるようになりました。
もちろん25分を4コマ連続とか、50分を2コマ連続とかそういった組み合わせ方もありだと思います。

マンツーマンレッスンだと先生と1対1ですから話さなきゃ!ちゃんとした文法でしゃべらなきゃ!というほどよい緊張感から「話したい!」「伝えたい!」「自分の話す言葉を理解してもらいたい!」という気持ちがどんどん湧いてきます。
そこで使いまわせるフレーズからどんどんと語彙が広がっていくようになります。

他の生徒がいないので、先生さえ克服してしまえばスピーキングの恥ずかしさは克服できますしね!間違ってても直してくれますしね!!

もちろんどちらにもメリットデメリットはありますが、
私はやはり緊張感のあるマンツーマンレッスンをお勧めします!!!
ぜひあなたも体験してみてください!

Let’s study English!


Posted in 英語

by 英語の伝道師

私が留学している語学学校で取り入れられているカランメソッドという授業。皆さんはご存知でしょうか?
先生からの質問に対して生徒が回答するという作業をひたすら繰り返し、4倍速で英語を学べるというものです。
今回は、カランメソッドについて詳しく説明していきたいと思います(*^_^*)

カランメソッドの歴史
============
カランメソッドは、1960年にイギリスで生まれた英語学習メソッドです。
もともとは英語を母国語としない人々にために考案された勉強法ですが、その画期的で効果的なメソッドは世界中で認められ、
今では世界30カ国、500校近くが導入、カランスクール・ロンドン本校では1日あたり2000人以上の生徒が英語を学んでおり、
ヨーロッパ最大規模の私立英語学校となっています。

リスニング力UP
============
カランメソッドのレッスンは”先生からの質問に対して生徒が回答する”というシンプルな
パターンの繰り返しでレッスンが展開されていきます。 先生が常にネイティブの人と同じ速さで話し、
生徒のレベルに合わせてゆっくり話すことはしません。繰り返し、聞くということに集中する結果、知らないうちにリスニング能力がついていきます。

瞬間的に英語に英語で対応する能力
=================
また、先生の質問に対してすぐに回答するという英語脳も作ることができます。
私たち日本人は英語を聞いたとき、まず頭の中で日本語に訳してしまいがちですが、
語学をマスターするためには考えずに話すことを学ばなければなりません。
カランメソッドのレッスンは日本語で考える時間を与えないため自然と、瞬間的に英語に英語で対応する能力を身に付けることができるともに、
いくつもの長いセンテンスを口にするので、英語のリズムや抑揚が身に付きやすいです。

4倍の量の英語でのレッスン
================
カランメソッド以外のレッスンの場合、レッスン中生徒が英語を聞いたり話している時間は
レッスン時間の25%ほどで、後は先生の話を聞いていたり、他のことを考えたりしています。
しかしカランメソッドでは常に先生と生徒の間で質問・回答によるやりとりが行われるため、レッスン時間のほぼ100%英語です。
また、話す速さも早口で毎分およそ220語から240語のスピードで英語を話し、生徒に質問を浴びせかけていきます。
そのため、12000語以上もの英単語を聞いたり話したりすることになります。ネイティブ・スピーカーが日常話している英語が、
毎分およそ150~180語なので、通常の学習法では、1時間にわずか3000単語ほどになります。
単純に考えても、レッスン中に4倍多く英語を聞き、話すので、4倍の速さで英語を学ぶことができます。

余計なことを考えずに、見たまま、聞いたままを英語で丸ごと飲み込み、最初は講師の言葉の復唱でもいいから、
英語で答える練習を繰り返すこと。根気よく続けることがこのレッスンを成功させる秘訣のようです!
私も挫折せずに頑張りたいと思います(*^_^*)


Posted in 英語

by 英語の伝道師

「I worry about ~.」と「I’m worried about ~.」の違いとは!?

こんにちは!!!!!
皆さんは、心配するという言葉を言いたいとき、
「worry about ~.」か「be worried about ~.」
どっちを使うんだろうと悩んだことがある人はいませんか?
今日はこの2つの意味の違いについて話したいと思います(*^_^*)

この2つのフレーズはとても似ていますが、相手に伝わるニュアンスはかなり変わってきます。
worry about ~
==========
・「~のことを心配する」(動作)
・「~のことを(常に)心配している」(状態)

be worried about~
==========
・「~のことを(今or過去)心配している(いた)」(状態)

という意味で、「worry about ~」は動作、状態。「be worried about~」は状態をを表しています!

品詞で比較すると、worryは「心配する、気をもむ」という動詞の形、
(be) worriedは「心配して、不安で」という形容詞の形です。
つまり、worry aboutは≪常に気になっている事柄≫、
be worriedは《ある特定の状況(今or過去)で心配に思っている事柄》に使うのです。

例を挙げてみると
状況:母親が海外に住む娘のことを心配しているとき
I worry about you.
→常に(習慣的に)娘の安否を心配している状況なので、この場合はworry aboutを使います。

状況:娘の帰宅がいつもより遅いことを母親が心配しているとき
I am worried about you.
→特定の状況(今日はいつもより娘の帰宅が遅い)を心配しているので、be worried aboutを使います。

2つの違い、分かっていただけましたでしょうか(^o^)

何か心配事があった時には、この2つのフレーズをうまく使い分けて見て下さい(*^。^*)、


Posted in 英語

by 英語の伝道師

こんにちは!英語を喋りたいけど、日本では身近に外国語を教えてくれる人もなかなかいませんし、
英会話教室に通ってない人などは、なかなかそのような機会がなく、
自分のアウトプットした英語を直してくれる人がいません(@_@;)
そのため、自分の英語が相手に伝わるのかわかりません…
そこで今日は、そんな悩みを持っている人のためにおすすめのサイトを紹介したいと思います(*^_^*)

今日紹介するサイトは、全ての言語学習者のための、相互添削型SNS、学びたい言語で日記を書くサービスです。
簡単に説明すると学習中の言語で日記を書くとそれを見てくれたネイティブの人が添削をしてくれます。
そのお礼として、自分もその人の文章を添削してあげる、というシステムになっています。
つまり、ネイティブ同士で学びたい言語を相互に添削しあえます。
Lang-8なら世界中のユーザーに自分の学んだ外国語を積極的にアウトプットでき、手軽に使えるSNSなので意欲も増します。
しかもなんとこのサイトは、プレミアム会員にならなければ無料で利用できます!!!!!!!!

Lang-8のサイトはこちらです(*^_^*)
http://lang-8.com/

私も、実際に使ってみて
・気軽に投稿できる
・ネイティブに分かりやすい表現を身に付けることができる
・海外の人とコミュニケーションをとることができる
と感じました♪

ただ、何点か気になる点もありました。
・ネイティブの目にとまらず日記を添削をされない。
・ネイティブといっても一般人の為、、直している人がほんとに正しいかの判断が難しい。
といったことなどです。

しかし、日記のタイトルを工夫したり、自分が添削をする側になることなどで、自分の日記も添削されやすくなりますし
アウトプットする機会といった意味では重宝できるサイトで語学学習において、非常に有益なパートナーになるのではないでしょうか(^o^)


Posted in 英語

by 英語の伝道師

昨日も紹介した英語の料理メニューですが、今日は中華料理を紹介したいと思います♪

【麺類】
ラーメン    ramen, Chinese noodles
塩ラーメン   ramen with salt based soup
醤油ラーメン  ramen with soy sauce based soup
味噌ラーメン  ramen with miso based soup
豚骨ラーメン  ramen with pork bone based soup
担担麺     ramen with spicy soup
冷やし中華   chilled Chinese noodle with ham and vegetables
春雨      bean-starch vermicelli
ビーフン    rice vermicell
焼きそば Fried Mee

【ご飯類】
炒飯      fried rice with leaf mustard
中華丼     chopped vegetables and bits of pork in clear, thick sauce over rice
天津飯     crabmeat omelet on rice

【その他】
かにたま    crabmeat omelet
餃子      fried pork dumplings
焼売      steamed meatball dumplings
ワンタン    pork-filled dumplings
チャーシュー  roast pork
メンマ     lactate-fermented bamboo shoots
麻婆豆腐    bean curd Szechwan style
回鍋肉     double cooked pork
レバニラ炒め  fried beef’s lever and leeks
チンジャオロースpepper steak
エビチリ    prawn in chili sauce
棒棒鶏絲    shredded chicken with spicy sesame sauce
酢豚      sweet sour pork
春巻      spring roll

外国にいると、たまに中華料理など普段と違ったものを食べたくなりますよね♪
そういった際にはぜひ、この英語メニューを参考にして見て下さい(*^_^*)


Posted in 英語

by 英語の伝道師

こんにちは!フィリピンに来て約2か月。こちらの暑さにも慣れてきました。
私は、寮生活をしているのですが寮では、休日のご飯が提供されないため、休日はレストランにご飯を食べに行きます。
そこでこの前、少し苦い経験をしました(笑)
先週の休みに、フィリピン料理屋さんに行った私たちなのですが、
MENUを見ると知らない単語がずらり…
野菜か肉か魚かというふうな料理のジャンルと、聞いたことのある料理が何個かあるかなという感じで、
ほとんどの料理がどんな料理なのかいっさい想像つかずに、適当に料理を注文すると激辛スープがでてきて
ひーひー言いながら食べました(笑)

日本料理も英語で書くと想像しにくいものはあるのかも!?
そこで今回は、英語での料理名(日本料理)について紹介していきたいと思います(*^_^*)

【ご飯系】
ごはん     boiled [cooked, steamed] rice
たきこみごはん mixed rice
ちらし寿司   garnished sushi
茶漬      rice and tea
カツ丼     pork cutlet bowl
牛丼      beef bowl
親子丼     boiled chicken and eggs bowl
天丼      tempura bowl
マグロの漬け丼 seasoned tuna bowl
うな丼     broiled eel bowl
海苔巻き    sushi roll, sushi rolled in laver [seaweed]
ねぎトロ巻き  minced tuna and scallions roll
稲荷寿司    inarizushi, flavored boiled rice wrapped in fried bean curd
寿司、鮨    sushi
中トロ     medium-fatty tuna, marbled tuna belly
大トロ     fatty tuna, fatty portion of tuna belly
お好み焼き   Japanese hot plate pizza
もんじゃ焼き  Japanese pan-fried batter
たこ焼き    fried octopus dumplings
焼そば     fried Chinese noodles

 
【汁物】
味噌汁     miso soup
豚汁      miso soup with pork and vegetables
お吸い物    (clear) soup
雑煮      soup with rice cake

【副菜】
漬物      pickles
沢庵      pickled Japanese radish
梅干      pickled ume
茶碗蒸し    pot-steamed hotchpotch
納豆      natto, fermented soybeans
冷奴       hiyayakko, cold tofu
玉子豆腐    cold egg custard
揚げ出し豆腐 deep-fried tofu with amber sauce
肉豆腐     simmered beef and tofu
おから  okara, tofu lees, soy pulp
がんもどき   fried tofu fritter
板わさ     sliced kamaboko with grated horseradish
薩摩揚げ    fried fish cake

【魚介類】
刺身      sliced raw fish
鰹のたたき   seared bonito
鮪の山かけ    grated yam and tuna
辛子明太子 mentaiko, chili pepper flavored Alaska pollack roe
アジの塩焼き salt-grilled horse mackerel
ブリの照り焼き yellowtail in teriyaki sauce
鮭のホイル焼 (aluminum) foil-steamed salmon
西京漬け fish marinated in miso and grilled
鯖の味噌煮 mackerel simmered in miso
ブリ大根 simmered yellowtail with daikon [radish]
アサリの酒蒸し sake-steamed short-necked clams
イカの下足揚げ deep-fried squid tentacles

【肉料理】
豚かつ     pork cutlet
串かつ     cutlet on a stick
唐揚げ     deep-fried chicken
生姜焼き    ginger-fried pork 
角煮      braised pork Nagasaki style 
焼き鳥     barbecued chicken, grilled chicken on skewers

【野菜料理】
筑前煮     braised chicken and vegetables Chikuzen style
きんぴらごぼう sauteed burdock Kimpira style
白和え     white salad
肉じゃが    braised meat and potatoes

日本料理屋さんでは、基本日本語のメニューがあるかも知れませんが、日本料理を外国の方に説明する時など、
知っておくと便利かもしれませんね♪


Posted in 英語

by 英語の伝道師

DUO3.0と言えば人気の単語帳で、Amazonでもベストセラーとなっている本です。
私もこの本を大学生になって購入して愛用させてもらってます。
今日はそのDUO3.0の優れている点について紹介していきたいと思います。

特徴として
◎一つの例文に頻出単語・熟語が5~6語程度、全部で560個の例文があり、
その中に1572個の重要単語と997個の重要語が収録されている。

◎単語は単語、熟語は熟語と別れて記載されている参考書が多い中、この本は
一文の中に「単語」と「熟語」を織り交ぜて不自然ではなくて覚えやすい見出し英文が多く集録されている。

◎ストーリーやキャラクターなどが利用されているため、印象に残りやすくなり、単語、場面を想像をしやすいため記憶に残りやすい。

◎詳しく解説をしているため、やればやるほど理解が深まる。語彙が増えるとともにリンクしやすくなる。

◎類義語、同意語が辞書並みに詳しい。

◎本に収録されている単語が映画や英語圏のサイトに頻出するため興味を持ちやすい。

◎付属しているCDを聞いてシャドーイングをすることで英語を聞いて、理解するという英語脳を作れる。※CDは別売りなので注意が必要です。

この単語帳ひとつで学べるものは非常にたくさんあると思います(*^_^*)

また、Duo3.0には、例文がすべて記載されているサイトもあります!
こちらは、全ての例題を英語のみ表示、日本語のみ表示、英語日本語同時表示で見ることが可能です。
また、日本語でも英語でも音声が付いていますので、リスニングを聞くこともでき、
自動モードにしておくと次々に例題が進んでいくとても便利なサイトです^_^
もし、この本に興味がある方は、ぜひこちらのサイトを見てみて下さい。
https://quizlet.com/9263401/duo-30-flash-cards/


Posted in 英語

by 英語の伝道師

感謝の気持ちを表す言葉といえば、「Thanks」という言葉が一番始めに思い浮かぶのではないでしょうか?
しかし、感謝と一言に言ってもいろいろあります。そこで今日は、感謝の気持ちを表すフレーズを紹介していきたいと思います(*^_^*)

【カジュアルな表現】
Thanks
=========
ありがとう

Thanks a lot
=============
本当にありがとう。

Thank you for ~
=================
~しくれてありがとう。

I owe you one.
================
ありがとう(この借りはいつか返すね)

You’re the best!
=================
恩にきるよ。

I am very grateful.
===================
ありがたく思ってます。

Thanks a million.
=================
あなたって最高!

I can’t thank you enough!
========================-
どうお礼を言ったらいいか…

【丁寧な表現】
I appreciate your kindness.
=============================
ありがとうございました。

I am grateful for your support.
===============================
あなたの親切に感謝いたします。

I’m truly grateful.
====================
本当に感謝しています。

Thank you for your prompt reply.
===============================
あなたのサポートに感謝いたします。

Thank you for your attention.
===============================
素早い返信をありがとうございます。

Thank you for your time.
=============================
(プレゼンの後などに)ありがとうございました。

感謝と一言で言っても、感謝の表現はたくさんあります。
人に感謝の気持ちを伝えるときに、このような表現を使ってみると、より相手にも気持ちが伝わるのではないでしょうか^_^


Posted in 英語

by 英語の伝道師

外国の人たちとメールをしていると、略語が出てきてどういう意味だろ?てなってしまうこと、たまにありませんか?
日本でも、メールやSNSで略語を使うのと同じように、海外でも略語があります。
そこで、今日はメールなどでよく使われる略語について紹介していきたいと思います(*^_^*)

CU
======
See You(じゃあね)

CUL8R/CUL
=======
See You Later(またね)
※かなり頻繁に使われる!

TTYL
=======
Talk to you later(じゃあまたね)(またあとで話そうね)

PLS
======== 
Please
例)PLS call me(電話してね)!

YR
========
Your

XOXO
========
Kisses and hugs
X=kiss, O=hugを意味する
※恋人同士や、近しい女友達同士の間などでよく使われる。

LOL
=========
laughing out loud(声を出して笑う)

THX
==========
Thanks(ありがとう)

BTW
==========
By the way(ところで)
話題を変えるときに使う

IMO
===========
In My Opinion(私の意見では)

IC
===========
I see(わかった)

YW
===========
You are welcome(どういたしまして)
「ya welcome(ヤー ウエルカム)」とも言います。

TTTT
===========
To Tell The Truth(実は、、)

SMH
===========
Shake My Head(がっかりする)

omg
===========
oh my gosh(ああー!、マジ)

ikr
===========
I know right?(だよね?)

BFF
============
best friend forever(永遠の親友)

これらの略語を使って、友達と砕けたメールのやり取りを楽しむのもいいかもしれませんね(^o^)


Posted in 英語