海外で体調不良!自分の体調を英会話で表現


先日は、病院での診察の際に使う英会話を紹介しました。

今日は病院に行った際に、自分の状況を伝えるための
言葉を紹介していきたいと思います!

『どこが痛むか』
Do you have any pain?
headache / stomachache:頭痛
abdominal pain : 腹痛
fever:熱
chill:寒気
sore throat:喉の痛み
cough:咳
runny nose :鼻水
stuffy nose :鼻づまり
heartburn:胸やけ
nausea:悪心
vomiting:嘔吐
diarrhea:下痢
constipation:便秘
dizziness:めまい
tiredness:だるさ  
trouble with sleep:不眠
poor appetite:食欲不振
joint pain:関節痛
itching:痒み

『どんな風に痛いかと聞かれた際の対応』
 severe pain:激痛
  ※severeは、severe headache(酷い頭痛)などにも使われます。

 acute pain:急性の痛み

 cramping pain:うずくような痛み
  ※crampは生理痛などを表現する時に使われることもあります。

 dull pain:鈍痛
 throbbing pain:ずきずきする
 pounding pain:打つような痛み(頭痛を使う際に用いる)
  ※poundingには鼓動という意味もあって、一定の痛みより、打ち付けるような痛みの表現に近いと思います。

 tension:突っ張り感

『痛みの強弱を示すとき症状の重度を現す単語』
 Mild:マイルドな、弱い small
 Moderate:中間(激しくもないけど、弱くもない)

これらの言葉を覚えて、自分の症状をうまく伝えられると大変便利だと思います。

ついでに、私が入院してる時に、よく聞いたフレーズも紹介しておきます(笑)

*おはようございます。昨夜はよく眠れましたか。
Good morning. Did you sleep well last night?

*下痢や便秘はしていますか?
Do you have diarrhea or constipation?

*朝食は食べられましたか。
Have you had breakfast?

*血圧、体温、脈拍を計ります。
I’ll measure your blood pressure, temperature and pulse.

*多少痛みますが我慢してください
It will hurt a little. 

*尿をこのコップに1/3くらいとってください。
Please fill about a third of this cup with urine.

*何かあったら、ナースコールで呼んでください。
Please use the nurse call if you have any trouble.

病院に行くとドクターにどのような状況か伝えることが必要になります。
渡航先では、元気に過ごせることが一番だとは思いますが、万が一という時に備えて
病院で使われるフレーズを覚えておくといざという時に便利かもしれませんね♪