まずはこれ!!日常頻出語をあっという間にマスター!!


最近、学校やお昼の行きつけの店などで、外国人と話す機会が増えてきました。
そこで最近思うのが、「ボキャブラリー」は大事だということです。
会話をしていると、ボキャブラリーが少ないがために、相手が話していることの意味が解らなかったり、
自分が話したいことをうまく言い表すことが出来なかったりということ
がよくあり、もっとコミュニケーションを取りたいのに取ることができない、伝えたいのに伝えられないといった
もどかしい気持ちになります。
もっと日本にいる間にボキャブラリーを増やしておけばよかったと少し後悔…

 そこで、これから留学を考えている人には、そんな後悔をしてほしくない!
ということで、今回はそんな後悔をしないようにするための本を
紹介したいと思います。

 その本が『毎日の英単語 日常頻出語の90%をマスターする』です。
本書は、英単語をバラバラの形ではなく、ネイティブがよく使うフレーズの形で覚えようといったコンセプトの本です
。本書の著者は、前書きで「知的な英語ネイティブの語彙は、15000語?20000語ほどだと言われています。
通常は、10000語で大学講義のテキストが99%以上わかるレベルです」と記載していますが、
本書には2000語の単語が記載されており、使用頻度が高いものを優先して収録しているため、
これだけでネイティブの日常会話の90%をカバーしているそうです。
また、本書は房、集団、群れと呼ばれる[クラスタ]に覚えるべき頻出語が最低1語は入っているため関連付けて覚えることが可能です。
そのため、
・単語の意味だけを覚えてしまい、実際に使うことができないということがない
・英語の感覚をつかむことができる
・実際に頻出する言葉なので、覚えやすい
・分割されていないため、1フレーズとして覚えることができる
といったメリットがあります。
 
また、音声ファイルもついており、mp3 形式でダウンロードするようになっているので
iphone等に取り入れて気軽に聞くこともできます。

ボキャブラリーを増やすことによって会話をするときに話せない理解することができないといったもどかしさを少しでも解消できるのではないでしょうか♪