「through」と「across」


前置詞には似たような意味でもニュアンスが違うものがたくさんあります。
そのため、どの場面でどの前置詞を使うか戸惑うことがあります。

今日は、そのような前置詞の中から「through」と「across」についての
使い方を学んでいきたいと思います。
「through」も「across」も
「~を通って」というイメージがあります。
では、この2つの違いは何か!!!???

across→平面なものを横切る
    例)道路など
I walk across the street(道路を横切る)

through→立体的なものを通過する
    例)トンネルなど
    The train passed through a tunnel .(列車はトンネルを通過した)
ということです。

加えて、「through」は空間的なものだけでなく
時間的なものを表すことも出来ます。
例)through the summer (夏の間ずっと)
  Monday through Sunday (月曜日から日曜日まで)
I read a book through.(本を通読した)
など…

同じ通過でもどのように通過するかということをイメージすることが
前置詞の使い分けにおいて、重要なんですね!!
今日は、前置詞の使い分けについてでした。